注文住宅で建てる部屋数の多い家

注文住宅で建てたわが家は、木造一戸建て住宅です。非常にざっくりとした説明ですが。そして間取りについてですが、一階は定番とも言える間取りですよ。ダイニングスペースがあってキッチン、リビングルームがあります。そしてバスルームに洗面所、トイレと、生活に必要な共有スペースが配置されているのです。

そして二階についてですが、家族三人それぞれの部屋を作ることができたところが気に入っているところなんです。二階は階段を上がるとホールがあって、そのまま壁の突き当たりまで細めの廊下になっています。そして両サイドに各部屋があるという間取りです。

ですから子供部屋に、私の部屋、旦那の部屋、それにピアノを置いている部屋、書庫(というより物置)というように、個人の部屋にプラスアルファーで物を置いておく部屋を作りました。空間を同じくする間取りが流行っていますけれど、私は自分の部屋が欲しかったということもあって、細々と分けるタイプの間取りを選びました。また、注文住宅で建てたおかげで部屋の大きさの調整ができた点も良かったなーと思っています。