天窓は雨の音がうるさい

私の家の子ども部屋の一つに、天窓をつけています。そのようにしたのは、隣の家との関係でその部屋が暗くなってしまうからです。天窓をつけることにより、ダイレクトに日差しが入るので、その点で明るくなりますね。そのことから、明るさの意味では天窓はとてもよかったと思っています。
ところが、不便と思うところもあることがわかりました。それはなんといっても雨が降った時にその音がうるさいということです。雨の時には、そんなに感じることがありませんね。ところがその部屋にいると、少量の雨が降り出した時もしっかりとわかってしまうほど音がしてしまうのです。
子供が勉強をしているときは、神経が集中できないと思うことがあったようです。また夜にその音で眠れないということもあるようです。ひとつのメリットがあると、デメリットもあるということですね。
しかし住んでいると、そのことについても慣れてくるのでその点ではメリットがあると思えるのではないでしょうか。